ギャラリー「書」

項目1
#01『 墨ごよみ2012』デザインの元となった作品を展示・販売いたします*
甘雨の手製卓上カレンダー『墨ごよみ2012』の元作品を展示しています。 デジタル作品になるまえの元の墨のかほりただよう作品たち。くらべながら観ていただくだけでも、 ほんのりお楽しみいただけるかと…* ぜひ、あわせて御覧下さいませ。
Price: 原画1点 10,500円(送料税込み)*6月を除く
気軽に飾れるインテリア書として、ご自身やご両親への“ことば”の贈りものに最適です。 ラッピングや贈り先への直送も可能です。売上の一部を東日本大震災復興のため募金させていただきます。
 
■ご注文は、メールフォームから*
ご希望の月/ラッピングの有無/プレゼントを直送のばあいは郵送先等を御知らせくださいませ。 http://www.utsurobune.com/html/mail.html
 
サムネイルをクリックすると拡大画像と詳細を御覧頂けます*
一月「一」、三月「咲」、十二月「無」Sold out! 大感謝

項目2
#02 メルマガ連動*近代詩文書(漢字かな交じり書)作品です
2010/10/1創刊の甘雨’sメールマガジン『■ 墨 色 コ ト バ m a g a z i n e ■ご登録→http://www.melma.com/backnumber_187835/』にて、 甘雨セレクトの名言・詩歌などを筆文字でつづったものを毎号配信してをり、 その作品たちの格納庫がこちらです。この近代詩文書というのは書道のジャンルのことで、 またの名を調和体、漢字かな混じり書ともいって、甘雨がメインでとりくんでいる創作形式です。

項目3
#03 漢字・かなの臨書作品から創作作品までを展示しています
臨書とは、古典の名筆を手本に、その字形や筆意(精神)などを学ぶことで、それは基礎づくりにも不可欠な、 書家にとっては<一生涯つづく修行>です。この基礎力があってはじめてより自由な創作世界へと 羽ばたくことができ、それは作品の品格にまでかわってきたり。どんな乱暴な崩しにも耐えうる 気高い「線」を鍛えます。当時の書家たちの研ぎすまされた感性や、その生きざまに想いを 馳せながら……、繰り返すひたすらの反復修行はいっしゅの精神鍛錬かとも想います
臨/寸松庵色紙 日進月歩